斑入りアオキ

ぐんぐんと気温が上昇してきました。
今年は、特に暖かくなる気温が高いような気がします。
森の自生の樹木も、のびのびと成長!成長は嬉しいことなのですが・・・、
あまりにも枝を伸ばされて、小径が通りにくくなったり、高くなったりしても困ります。

そこで、今回、軽い剪定をしてみました。
山椒(とげがあり痛い!大きくしては大変です。)
クスノキ(大木になる樹木ならではの勢い!上にも横にも伸びていきます。)
斑入りアオキ(自生ですが、とてもきれいな斑入りの葉です。)


この三種類の剪定は、「素人臨時の 植木屋さん」であり、
守り人の独断です。

どの枝を切るのが良いのか、よくわからないままでしたが・・・
何とか、「いい塩梅だ!」と納得して作業を終えました。
でもこの後なのです。
実に活き活きとしている枝をすぐに捨てるにしのびなく、どうしようと思案の時。
そう! 飾ることに決定しました。


手前に斑入りのアオキ
後ろは、クスノキトネリコの枝を添えて!
(容器はバケツで、ワイルドに)

カテゴリー: 森の守り人 | コメントする