落ち葉! 坂道 上る?!

11月に吹く風は 冷たい北風。
樹木の葉は北風で落ちる・・・と、思っていました。
例年、北風が吹き始めると BLUE JOHNの森は、落ち葉でいっぱいになります。
それが、今年の11月半ばには、南風が吹きました。
いつもと違う、南風による落ち葉はどうなったかというと・・・。
「落ち葉が 坂道を上った! 上り坂を 落ち葉が 上る!」
こんな場面を 落ち葉のシャワー状態の中で、茫然と見てしまいました。
今までは、落ち葉は坂道の南に向かって 下っていたのですから、びっくりです。

でも、ちょっと考えると当たり前のことなのですが・・・。

アッサムティーに
氷砂糖を入れて
ゆっくりと 溶けていく
時間と最後の甘さを
楽しみます

 

毎日のように、落ち葉の片づけに追われていますが、「落ち葉あそび」のひとつでもあり、

作業の後の一服もお楽しみです。
剪定樹木の片づけ作業の時は、三人でのティータイムでした。
1個しかなかったあんパンを、3つに切り分けてスイーツに。
なぜだか、ほんの一口サイズのあんパンが、いつもよりとっても美味しく感じました。
一人もよいのですが、二人、三人・・・は、やっぱり嬉しいものです。

COVID19が早く収束しますように。
12月がやってきます。

 

 

 

 


大きな目標は立てていませんが、

BLUE JOHNの小さな森の、澄んだ空気を守りたいと思います。

どなたかが「ここの空気は気持ちいいね。」と言ってくださいました。

散歩コースにしている皆さんにも、ちょっぴり楽しんでいただける森に

していけたらいいな!

そんな気持ちで 落ちた枝を手にしながら歩いていたら、なんと!初めての発見!

 

 

 

吉祥草に実ができていました。昨秋にはたくさんの花を

つけていましたが、真っ赤な実をつけたのは初めてです。

花ことばは、「喜び」「祝福」

キチジョウソウの花は縁起のよい知らせとか・・・。

新年早々、嬉しい発見です。

<!—>

 


今年も「森のささやき」をどうぞ よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 森の守り人 | コメントする